指圧の話

指圧の話 1

 指圧の神様の気持ち

*注意(私の指圧では、政治、経済、宗教からの影響を除いています。)

*(上記のどんなものにも偏らず、中立です)
*(フィクションです)

 もしもあなたが神様だったら。

 


ある時、神様はマッサージ師になってみたいと思いました。

何故なら「健康になりたい人を応援したい」と思ったからです。
 

神様のマッサージは、下手くそなてつきでも、何故かとても気持ちよく、免疫力が高まり、エネルギーバランスが整うので、100人もたくさんの人が集まってきました。

でも、神様に与えられた時間は、24時間だけでした。

さて、誰をどんな順番でマッサージするでしょうか?

神様の目的は、健康になりたい人をサポートすることです。

1、自分の心身を大事にし、自分でも工夫しているけど、さらにパワーアップしたいと思ってる人

2、自分の心身を大事にしようと意識しているけど、行動に移せていない人。
でも、悪くなるようなことはしないようにしている人

3、自分の心身を大事にしようと少しは考えているけど、行動に移せていない、そして、不健康になる行動をしている人

4健康への意識がない、不健康になる行動をとっている人


さて誰からマッサージをするでしょう。

24時間しかありません。

一人でも多くの人を健康にしたいです。


上から順番にマッサージしていきました。

不健康に意識がいっている人をマッサージして、健康になるでしょうか?

不健康になる行動をとっている人たちをいくらマッサージしても、健康に追いつくと思いますか?(マッサージで2歩進んでも、不健康な行動で3歩後進)

 

汚れたふきん、雑巾で床を磨いて綺麗になると思いますか?


神様にも優先順位があります。

 

体を指圧して、筋・筋膜・骨格調整していきながら、内臓や心までを指圧できたとき、自然治癒力を高め、引き出せるでしょう。

 

 

そうしてこそ、最大限の可能性・回復力・再生力が発揮されるのかなと感じています。


  
さて、神様は、今度は、幸せになりたい人をサポートすることにしました。

誰からサポートするでしょう?


不幸好きな人、被害者意識の人、波瀾万丈が好きな人、

は間違いなく後回しになることは明白です。


*(あくまでもこの話は、フィクションであり、本当の神様は優先順位とかないと思います。誰にでも幸せを与え、罰を与えるのかな?宗教的なことを語ってるのではありません。あえて、制限付きの、条件付きの指圧・愛・行動を書いてみました。)

 

続く