冷え性

【病態と原因疾患】

冷えは、臨床現場では、頻繁に遭遇する症状である。

 

 

 

四肢や腰背部など体の一部が冷える感覚のことを指し、その程度の差はあれ、様々な疾患で出現する症状である。

 

 

 

そのため、器質的疾患が存在する冷えに対しては、専門医による原因疾患の治療が必要である。

 

 

 

指圧療法の適応となるのは、自律神経失調による血管運動調節の異常に起因するものである。

 

 

 

原因疾患としては次のようなものがある。

 

 

 

造血機能異常によるもの:貧血

 

 

 

血管の狭窄や閉塞によるもの:大動脈炎症症候群、バージャー病

 

 

 

血管運動異常によるもの:自律神経失調症

 

 

【治療方針】

自律神経の機能を調整し、血管運動の安定を図る。

 

 

【施術例】

①仰臥位にて、腹部の施術を行う。

 

特に腹大動脈の拍動を確認しながら、脈動が柔らかくなるまで施術を行う。

 

 

 

②仰臥位にて、鼡径部~下肢の基本操作を一通り行う。

 

特に鼡径部では、大腿動脈拍動部を入念に、脈動が柔らかくなるまで施術を行う。

 

 

 

 

 

③仰臥位にて、上肢の基本操作を行う。

 

特に腋窩部では、腋窩動脈拍動部を入念に、脈動が柔らかくなるまで施術を行う。

 

 

 

④仰臥位にて、頭部の基本操作を行う。

 

特に、頭部正中線6点目(百会穴相当部位)は入念に施術を行う。

 

 

 

⑤伏臥位にて、肩甲上部~足底部の基本操作を行う。