椎間関節性腰痛

 

【病態】

 

急激な動作による椎間関節周辺の組織の損傷により起こる。

 

 

 

慢性のものでは、脊柱の退行変性が椎間関節により起こることで発症する。

 

 

 

【症状、所見】

 

椎間関節部(棘突起の高さで正中より2cm外方)に圧痛があり、

 

回旋動作、後屈動作の際に痛みが増強する。

 

 

 

下位腰椎部に多くみられる。

 

 

 

退行変性に起因するものでは、動き始めに痛みが強く、

 

運動と共に痛みが軽減する特徴がある。

 

 

 

【理学検査】

 

筋筋膜性腰痛と同様、重篤な疾患との鑑別のためにの

 

検査を行う。

 

 

 

【治療方針】

 

局所の血流を改善させると共に、

 

圧痛部の硬結を除去し、

 

鎮痛を図る。

 

 

 

【施術例】

 

①横臥位にて、肩甲間部、肩甲下部を施術する。

 

 

 

痛みのある高さの棘突起を軽く押圧し、

 

痛みが再現された場合、患部の施術は避ける。

 

 

 

②横臥位にて、腰部と仙骨部に手掌を当て、

 

仙骨部を下方に引き下げ、

 

椎間関節部を広げる。

 

 

 

③伏臥位にて、臀部、大腿後側部、膝窩部、下腿後側部を施術する。

 

 

 

特に、殿部は特徴的な硬結を指標に細かく押圧する。

 

 

 

④仰臥位にて、大腿前側部、大腿外側部、下腿外側部を施術する。

 

 

 

⑤仰臥位にて、腹部を施術する。

 

 

 

⑥仰臥位にて、上肢、頸部の操作を行う。