肘部管症候群

 

【病態】

 

尺骨神経が上腕骨内側上顆の後方の尺骨神経溝から

 

尺側手根屈筋の起始間の区間(肘部管)で絞扼されることにより発症する。

 

 

 

外反肘や変形性関節症に続発するものについては、専門医の処置を必要とする。

 

 

 

【症状】

 

尺骨神経領域の知覚異常、運動障害などが認められる。

 

 

 

進行すると支配筋の筋委縮が生じ、

 

鷲手徴候などがみられるようになる。

 

 

 

【理学検査】

 

チネル徴候:陽性

 

クロスフィンガーテスト:陽性

 

 

 

【治療方針】

 

肘部管周辺の軟部組織の柔軟性を向上させ、

 

神経の絞扼を除去する。

 

 

 

【施術例】

 

①上腕三頭筋、尺側手根屈筋を押圧する。

 

 

 

②上腕内側部、前腕内側部にある筋(主に内側上顆に起始する筋)の筋緊張を確認しながら、患側上肢の基本操作を行う。

 

 

 

③全身指圧を一通り行う。