腱鞘炎

 

【病態】

 

手の過度使用による機械的刺激、関節リウマチ、結核、

 

細菌などにより、腱鞘に炎症が起こる。

 

 

 

このうち、手の過度使用による機械的刺激が原因になるものが、

 

指圧療法の適応となる。

 

 

 

手の伸筋腱鞘の第一区画の腱鞘炎をドゥ・ケルバン病、

 

屈筋腱腱鞘炎をばね指(弾発指)と呼ぶ。

 

 

 

【症状】

 

障害される腱鞘が通過する各区画に一致した疼痛がみられる。

 

 

 

例えば、ドゥ・ケルバン病では、母指の基部から手関節橈側にかけての疼痛が起こる。

 

 

 

屈筋腱腱鞘炎では、MP関節掌側の疼痛が起こる。

 

 

 

また、屈筋腱腱鞘炎では、MP関節部での腱鞘の狭小化が起こり、

 

指の屈伸運動の際に弾発現象を起こすことがある。

 

 

 

【理学検査】

 

 

 

フィンケルステインテスト:ドゥ・ケルバン病で陽性

 

 

 

【治療方針】

 

血流改善と共に、

 

腱鞘を通過する筋の筋緊張を緩和し、

 

消炎を図る。

 

 

 

【施術例】

 

①腱鞘を通過する筋を前腕部で押圧する。

 

 

 

②前腕内側部、前腕外側部を入念に押圧する。

 

 

 

③患側上肢へ基本操作を行う。

 

 

 

④全身操作を行う。