過労と倦怠

【病態と原因疾患】

 

 

疲労とは、体がだるいなどの状態を指し、

 

長く疲労感が持続し、全身の活力の減退あるいは喪失した状態を倦怠(けんたい)という。

 

様々な疾患により起こるが、その原因は明らかにされていない。

 

生理的なもの、精神神経症状に伴うもの、感染症、肝疾患、貧血、内分泌疾患、代謝性疾患、神経筋疾患など様々な疾患でみられる症状である。

 

器質的疾患が存在する場合は、専門医による原因疾患の治療を優先させる。

 

生理的なものについては、指圧療法が最も効果を発揮するものである。

 

 

【治療方針】

 

 

全身にみられる凝りや硬結を除去し、全身の血流を改善させ、

疲労の回復を図る。

 

 

【施術例】

 

筋緊張のある部位に置いた全身施術を行う。