医食同源 八幡西区・若松区の指の音指圧治療院

昔、東洋医学では、病因を内因、外因、不内外因に分けた人がいました。

 

飲食は不内外因にはいります。

 

飲食も病因になります。

 

「医食同源」といって、「食べ物は病気のもとにもなるが、治療にもなる」という深い言葉です。

 

東洋医学の話になりますが、「肝虚で説明すると、長く何かを根気よく続けると血が不足します。

 

それで肝虚になります。

 

長い間書物を勉強して見ると血を消耗します。

 

血は心が循環させているからそれで心を傷るというが、これは肝虚のこともあるし、脾虚のこともあります。

 

酸味は肝経に作用して、収斂の気を補います。

 

酸味を食べると血が集まります。

 

注意、食べ過ぎたら筋肉が緩まりすぎます。」

 

ただし、肝経と肝の働きは逆です。

 

*肝経には陰の働きがあり、肝の臓には陽の働きがあります。

 

肝のことを「陰中の陽」という。

 

これは、指圧師でも知らない人が多いです。

 

今では、「美食同源」「楽食同源」も聞かれています。

 

コラーゲンをとって美しくなることもいいのではないでしょうか?

 

女性が美しくなって輝いていれば、私は幸せになります。

 

にやにや!

 

楽しく和気あいあいで食べることで、元気にもなりますね。

 

たべものが悪いのではないと思う。

 

食べ方、つまり大げさに書くと、生き方になりますが、

 

謝謝して食べる、大切に食べる、腹7分で食べる、食べ方などが大切ではないでしょうか?

 

作り手が一生懸命作ってくれた食べものもたくさんあります。

 

残念なことに農薬がたくさん使われている野菜もあると聞きます。

 

食べものが悪いのではないのです、作り手が悪い、買い手も悪いのかもしれませんね。

 

安ければいいと買い手が思えば思うほど、農薬まみれの野菜などが届けられるかもしれません。

 

適正価格で買い手も生産者に支払うことが必要でしょう。

 

また、美味しい食べ物を食べ過ぎるのがいけません。

 

私は大食いでした。

 

今は、禁止の一つにしています。

 

仕方ありません、太ると腰や膝が痛くなり、仕事ができないからです。

 

決して、患者のお手本になるということではありません。

 

自分のためです。

 

 

母がもつ鍋を食べたいとリクエスト

 

我が家オリジナルのもつ鍋食事会

 

夏に畑でとれた赤唐辛子君

 

 

 

手羽先を食べやすい様に切って圧力鍋で数分焼いてできあがり

 

 

我が家は誰もお酒を飲まないので、最後はデザートで閉めた

 

母は鍋だけをおかわり3杯

 

ご飯は今日だけは、みんななし。

 

ある日のランチ

 

スープとおかず~

 

パスタがついてきたから半分食べた緩い糖質制限食